Three poems from Misuzu KANEKO

10.04.2020 - By Japanese Classical Literature Audiobooks

Download our free app to listen on your phone

八百屋のお鳩 おや鳩子ばとお鳩が三羽八百屋の軒でクックと啼いた。 茄子はむらさきキャベツはみどりいちごの赤もつやつやぬれて。 なあにを買おうぞしィろいお鳩八百屋の軒でクックと啼いた。 二つの草  ちいさい種は仲よしで、 いつも約束してました。「ふたりはきっと一しょだよ、 ひろい世界へ出る時は。」   けれどひとりはのぞいても、 ほかのひとりは影もなく。あとのひとりが出たときは、 さきのひとりは伸びすぎた。   せいたかのっぽのつばめぐさ、 秋の風ふきゃさやさやと、 右に左に、ふりむいて、 もとの友だちさがしてる。 ちいさく咲いた足もとの、 おみこし草を知りもせず。 折り紙遊び あかい、四角な、色紙よ、これで手品を使いましょ。 私の十のゆびさきで、まず生まれます、虚無僧が。 みるまに化ります、鯛の尾に、ほらほら、ぴちぴちはねてます。 鯛もうかべば帆かけ舟、舟は帆かけてどこへゆく。 その帆おろせば二艘舟、世界のはてまで二艘づれ。 またもかわれば風ぐるま、ふっと吹きましょ、まわしましょ。 まだも変わってお狐さん、コンコン、こんどはなんに化きょ。 そこで化けます、紙きれに、もとの四角な色紙に。 なんてふしぎな紙でしょう、なんて上手な手品でしょう。 Many thanks for the supporters at Patreon who keep me motivated ! Support my reading at patron and download more... Patreonのサイトでは、この3篇を含む14篇の詩を朗読したオーディオブックを10月8日公開予定です。

More episodes from Japanese Classical Literature Audiobooks